バイオセラピーとは 生産工程と品質管理 バイオセラピーの作用 バイオセラピーQ&A 会社概要 お問い合せ・代理店募集
 子どものころ、転んですりむいた傷に唾を塗るだけで、自然に治した記憶はありませんか。万病のもとといわれる風邪の時も、暖かくして身体を休めるだけで自然に完治しませんでしたか。人間には本来、病気やケガを自分の力で治す力が備わっています。
 バイオセラピーは、このような人間の自然治癒力を手助けする働きを持つ健康(触媒)食品です。従来のような栄養を補うことを目的とした健康食品とは異なり、体内の病気に打ち勝つパワーを育成し、触発し、自己防衛(免疫)機能を強化するお手伝いをします。
 主原料は、黄金の果実とかメディカル・フルーツと呼ばれるパパイヤ。これに食用酵母、デキストロス(微生物が発酵するためのエサとなる糖分)を加え、独自の製法により発酵・熟成させたものです。

1箱30スティック入り
(90g1箱/1スティック3g)

¥7,350〈税込〉
バイオセラピーは化学的製法(※)は一切行わず、自然の原料、自然の製法だけを徹底的に追及した、身体にも環境にも優しい生理活性食品(触媒食品)です。
※化学的製法
各種ビタミンやミネラル、カルシウム、ホルモン等の化学薬品や、保存料・着色料・甘味料等の化学処理された物質は一切使用していません。また、製造過程においても化学的行程等は行っていません。

 バイオセラピーの主原料は熱帯地方で栽培される青パパイヤ。青パパイヤには消化を助ける働きがあることは有名ですが、その働きの主役はパパイン酵素。パパイン酵素の消化促進効果は、すでに医学界では注目され、消化不良や下痢、胃や腸などの潰瘍に対する内服薬にも活用されています。
 また、パパイン酵素は、従来の化学処理をして精製した薬品とは違います。その特徴としては、生体組織細胞を傷つけることなく死んでしまった組織だけを消化分解する性質があるため、傷や火傷などの治療に効果的に応用しようと、日夜研究が盛んに行われています。